ELLYの彼女は?本名とハーフなのか気になる!

こんにちは、三代目JSBのメンバー『ELLY(エリー、本名:エリオット・ロシャード・昂矢)』さんの彼女の存在についてまとめていきたいと思います。

と言いたいのですが、少し興味深い情報があったので、まず先にそちらをまとめたいと思います。

Sponsored Link

巨人の坂本勇人選手との関係

調べていくうちに坂本勇人選手のことが浮かび上がりました。

ファンはご存知だと思いますが、ELLYさんはダンス以前に野球をしていました。

2005年青森県大会準々決勝戦で、ELLYさん(レギュラーの捕手で4番打者)が所属する青森県立三沢高等学校と、坂本勇人選手が所属する光星学院高等学校が対戦。

6対1で青森県立三沢高等学校が敗れるという結果に終わりました。これが因縁となっていました。

 

この後(のち)、二人はある番組で共演し再会することとなりました。

もし、結果が逆になれば、ELLYさんは読売巨人軍にドラフトで入団。

坂本勇人選手は三代目JSBのメンバーになっていたかもしれませんね。あり得ないか(;’∀’)

 

ELLYさん自身の野球選手としての実力は、プロを除けばずば抜けているとのこと。

EXILEのメンバーのほとんどが野球できるのではないでしょうか?運動神経抜群ですし見てみたいものですね。

実は自分は巨人ファンです。坂本勇人選手がメジャーに取られないように祈っています。

 

彼女の存在について

ここからが本題です。ファンにとって一番気になるのは、彼女の存在です。

だけど、今回は裏が取れました(^▽^)/

きっかけはお互いの知人を通じてのことです。

 

ELLYさんの所属する事務所でも、公認した回答が得られています。

これは事実として受け止めます。

ELLYさんの彼女の名は『MEGBABY』。

本名は『柾川 恵(まさかわ めぐみ)』。インスタグラムを使いこなすインスタアイドル。

年齢は33歳。ELLYさんより五つ年上です。画像を見る限り、美しいの一言です。

 

高校一年生のとき、ある雑誌の編集者にスカウトされて『まさめぐ』として読者モデルの活動していました。

2009年に韓国に渡航して、韓国の服を売るセレクトショップをオープンしましたが経営不振のため倒産。

同時期に韓国の友人に勧められたことがきっかけで、インスタグラムを始めて『MEGBABY』と名乗るようになりました。

それが話題となり、インスタアイドルとしてモデルやファッションディレクターとして活動しています。

 

挫折してどん底から這い上がって今に至った彼女を尊敬する人は大勢いるでしょう。

Sponsored Link

本名とハーフなのか気になる!

本名については上記に記載したので省略いたします。

ハーフについてまとめていきたいと思っています。

ELLYさんは父親のアメリカ人と母親の日本人との間に産まれたハーフ。

 

特に父親カーロス・エリオットさんの経歴が凄い。

青森県三沢市の三沢飛行場に勤務する在日米軍の軍人さんで、『八戸帝拳』のジムに所属しながらプロボクシングのライセンスを取得し、1985年7月20日に日本スーパーウェルター級王座獲得。

1987年4月2日にOPBFスーパーウェルター級王座獲得。

WBA世界スーパーウェルター級王座決定戦に挑むもKO負け。

 

顎を打ち砕かれたことがきっかけで意識不明の重体となり病院に搬送。

意識が回復して退院後、現役を引退。現在は青森県で日本人妻と『大豪邸』で暮らしているという。

お父さんは黒人男性であるが、その肉体は漆黒の鋼のごとく筋肉の鎧そのもの。個人的には憧れますね。

 

対するELLYさんの彼女のMEGBABYさん。

ネットで噂されているのが、実は彼女は韓国人なのか、そのハーフなのかについてです。

確かに彼女は韓国に渡って、韓国の服を売る店を立ち上げました。

 

韓国語がペラペラなのは当然です。

しかし、彼女はれっきとした日本人です。ただ単に韓国人が似ているに過ぎません。

 

もう一つ、MEGBABYさんに整形の有無についての疑惑が浮上してあります。

きっかけはネットで流出した彼女の写真。

整形した後とかそういうのを論じられておりますが、整形は個人の自由です。

自分でお金を出して整形を受けております。

例えMEGBABYさんの整形が事実だとしても、それに関する批判はまずないでしょう。

美容外科、美容整形について

関係ないと思いますが、念のためご説明させていただきます。

美容外科と美容整形を扱っているクリニックは多くあります。

ほとんどが全額自己負担で保険適用外です。

 

理由は、病気やケガの治療ではないからです。

ただ、ワキガという腋臭症(えきしゅうしょう)と多汗症(たかんしょう)については保険に適用されます。

特に女性の方は自身のワキガを気にしているかもしれません。

不安であれば、説明した美容外科と美容整形のクリニック、もしくは皮膚科の診療所の医師に相談してみてはいかがでしょうか?

以上が、ELLYさんの彼女さんについてでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です